手紙・文章ライター口コミ評判

手紙・文章ライターとは?

手紙・文章ライターとは、手紙の書き方を理解し、丁寧な日本語と、日本特有の手紙のマナーを使って美しい手紙や文章を書くことができる人に与えられる資格です。最近では、インターネットやパソコンが普及したこともあり、手書きの手紙を書く機会が少なくなっています。そのため、正しいマナーや言葉遣いで手紙を書ける人と言うのは貴重です。手紙・文章ライターは、日本語の持っている美しい言葉を使い、手紙や文章に相応しい内容を組み立てられる知識も必要です。ビジネスだけでなく、日常生活でも非常に役立つ資格です。手紙・文章ライターは、ビジネス文書から季節の挨拶まで、手紙や文章のプロフェッショナルとして認められた資格です。文章を書くことが好きな人だけでなく、手紙や文章の正しいマナーを学びたい人にもぴったりの資格です。

手紙・文章ライター認定試験とは?

手紙・文章ライター認定試験は、日本インストラクター協会が認定をしている資格試験です。手紙や文章を正しいマナーとしっかりとした文章力で書けるだけでなく、手紙や文章の知識を人に教えることができる能力が求められます。手紙・文章ライター認定試験の内容は、文章や手紙を書く際のマナーや言葉の使い方などの実践的な知識が求められます。文章の構成力や言葉の選び方などの、文章力に関する能力も必要です。手紙・文章ライターの資格を得る事で文章作成や手紙のプロフェッショナルとして、カルチャーセンターで講師をしたり、自宅で教室を開いたりすることもできます。もちろん、ビジネスの場でも非常に役立つ資格です。

手紙・文章ライター認定試験を受験した人の口コミと評判

「美しい文章を書けるようになりたくて、手紙・文章ライター認定試験を受験しました。これまで知らなかった日本語の知識や、手紙作成のマナーなどを学べることができたので、とても実践的で有意義な資格だと思います。」

「ビジネス文書作成のスキルをアップさせたくて手紙・文章ライター認定試験を学びましたが、ビジネス文書だけでなく、さまざまな文章や手紙を書くときの知識やスキルが身に付きました。これまで苦手だった文書作成も、手紙・文章ライター認定試験に合格したことで自信が付きました。」

手紙・文章ライター認定試験の受験について

手紙・文章ライター認定試験の申し込みはインターネットで行い、自宅で試験を受けます。日本インストラクター協会のホームページから申し込むと、後日自宅に問題用紙と解答用紙が送られてきます。手紙・文章ライター認定試験の受験料は10,000円です。問題用紙と解答用紙の受け取りの際に、受験料を代金引換で支払う仕組みです。仕事が忙しい人でも、自宅で自分のペースに合わせて受験できるのが人気です。

手紙・文章ライター認定試験の難易度

手紙・文章ライター認定試験には受験資格は特にありません。美しい手紙を書いたり、文章作成能力をアップさせたい人にぴったりの資格です。手紙・文章ライター認定試験は手紙のルールやマナーをはじめ、文章作成能力なども求められますが、比較的難易度は優しい試験です。手紙・文章ライター認定試験合格のためには、全体の70%以上の正答率が必要です。試験は隔月で開催されるため、年6回受験する機会があります。

試験の関連記事
  • お菓子資格人気ランキング
  • 手づくりパン資格人気ランキング
  •  ぬか漬け資格人気ランキング 
  • はちみつ資格人気ランキング
  • 塩資格人気ランキング
  •  出汁資格人気ランキング
おすすめの記事
特定社会保険労務士
試験
「社会保険労務士」とは違って、先頭に「特定」という言葉がつく資格があります。この「特定社会保険労務士」という資格は社会保険労務士を有する資格...
DIY工作アドバイザー口コミ評判
試験
DIY工作アドバイザーとは? DIYというと、これまでは日曜大工と言うイメージがありましたが、最近ではDIY女子という言葉も流行し、女性も楽...
内燃機関組立て技能士
試験
内燃機関組立て技能士は、原動機やエンジン等の内燃機関組立てに必要な技能を持つ方をいいます。この資格は厚生労働省の技能検定制度による資格であり...
写真技能士
試験
写真技能士は、写真館等で人物の写真撮影をする肖像写真の撮影・製作の仕事に技能を持つ方をいい、技能検定制度による国家資格を持つかたです。 〇写...