注目の記事 PICK UP!

和菓子文化コーディネーター認定試験口コミ評判

資格

和菓子文化コーディネーターとは

和菓子文化コーディネーターとは、和菓子に関する幅広い知識はもちろん、日本各地の郷土和菓子についての知識を持っていることを証明する資格です。

その内容は幅広く、例えば京菓子と江戸菓子の違い、桜餅と道明寺の違い、あられとおせんべいの違い、それぞれの行事や春夏秋冬に合わせた和菓子を適切に選べる知識など、和菓子に関する文化的な歴史と背景を明確に理解していなければなりません。更にそれらを説明できる能力も必要です。かなり専門的な知識ですが、和菓子好きで歴史好きな人なら、取っておいて損はない資格でしょう。

和菓子文化コーディネーター認定試験を受けるには

この認定試験を主催しているのは「日本生活環境支援協会」です。この協会では他にもドッグトレーニングアドバイザー認定試験、収納マイスター認定試験、ガーデニングアドバイザー認定試験、ベランダ菜園アドバイザー認定試験など生活に直結していて、すぐに活かせる資格がたくさん受けられます。

では和菓子文化コーディネーターの認定試験の申し込みから合否通知までの流れを説明します。

・日本生活環境支援協会のホームページで受験の申し込みをします。この時受験者情報を入力します。

・その後協会から、受験票、試験問題、解答用紙、返送用封筒が送られてきます。

・受験料(税込み10,000円)の支払いは上記のものが配達されてきた際に、配達員に支払ってください。

・設定された試験期間内で都合のいい日を選んで、在宅で受験します。

・終わったら解答用紙を返送用封筒に入れて協会に送ります。

・合否通知は翌月の20日に協会から発送されます。

在宅受験なので、緊張せず落ち着いて試験が受けられますね。仕事をもっている方にも、子育て中で忙しい方にも、受験しやすくなっています。期間はあるものの自分の都合のいい日、時間を選べるのも便利ですね。

和菓子文化コーディネーター認定試験の口コミや評判は?

この和菓子文化コーディネーターの口コミでは、和菓子好きの人にはもちろんですが、和菓子が自分の国独特のお菓子であるだけに、日本の歴史や文化に興味がある人にも人気がある資格です。また最近は外国人と接する機会の多い人も増えてきたので、そういった人にはピッタリの資格ではないでしょうか?世界でも和食ブームが起きている中で、和菓子の生まれた背景や歴史を外国人に解説で来たら、それだけでもいい思い出になることでしょう。

もともとお菓子の料理教室を開いている講師の方が、和菓子を作る時にこの知識が役立ち、教室が盛り上がったという人もいます。観光の仕事をしている人たちにも人気がありようです。それはこの資格が和菓子にとどまらず、日本の文化や歴史にも関わってくるからです。

和菓子文化コーディネーターと仕事

資格取得後はカルチャースクールの講師や、お菓子作りが好きな人なら”和菓子作りとその歴史”とお菓子だけでなくプラスαでちょっと珍しいお料理教室を開いてはどうでしょう。また和菓子関係の会社や旅行会社で就職活動するときには、アピールポイントになるでしょう。

もちろん和菓子専門店で仕事をしている人なら、この知識が身につけば仕事にやりがいを見いだせるでしょう。日本古来のものですから和菓子の良さを再認識できることと思います。

<まとめ>

大人になると興味はあるものの、なかなか勉強しようと思うと今一歩踏み出せないものですよね。認定試験合格を目標にすることによって、勉強する意欲がでてきます。期間も決められているのでその日までにという集中力も発揮できて、自分自身の励みになることでしょう。そして合格した時には自分の中にまたひとつ知識が増え、自信が持てるようになりますよ!

日本の伝統のひとつ「和菓子」。その味は知っていても、歴史や文化まで知っている人はそういないはずです。資格をとった後は和菓子の見方が大きく変わることは間違いないでしょう。

 

 

 

 

資格の通信講座 資格の通信講座

関連記事

  1. 資格

    寝具製作技能士

  2. 資格

    廃棄物の焼却施設に関する業務(ダイオキシン類)に係る特別教育

  3. 資格

    コンクリート破砕器作業主任者

  4. 資格

    緑茶インストラクター認定試験口コミ評判

  5. 資格

    心理カウンセラー・メンタル心理資格人気ランキング

  6. 資格

    みそ製造技能士

  7. 資格

    ビルクリーニング技能士

  8. 資格

    さく井技能士

  9. 資格

    弁護士

資格ランキング