資格

レジンアートデザイナーとは?

ハンドメイドの趣味は今女性を中心に大人気ですが、その中でも特に人気なのがレジンアートです。レジンという透明な樹脂の中に小物やラメを閉じ込めて小さな世界を作り出すレジンアートは、アクセサリーをはじめ、様々なアイテムを制作することができます。そんな、大人気のレジンアートですが、実はレジンアートに資格があるというのはまだあまり知られていません。レジンアートデザイナーは、レジンアートの知識や技術を認定するための資格です。レジンアートデザイナーは、レジンアートの基礎から応用まで、レジンアートを作るための知識や技術を認定するための資格なので、レジンアートを副業で販売しているレジンアーティストの中で差別化を図ることができます。

レジンアートデザイナー認定試験とは?

レジンアートデザイナー認定試験は、日本デザインプランナー協会が主催する資格です。レジンアートの趣味を持っている人も、試験の合格を目指して作品を作る事で技術の向上をはかったり、達成感を得ることができるため人気の資格です。レジンアートのアクセサリーは、ハンドメイドの販売サイトなどでも人気なので、レジンアートデザイナーの資格を持っていれば、それだけで他のレジンアーティストとの差別化ができて、副業にも有利です。レジンアートデザイナーの知識や技術をいかして、様々なレジンアート作品を楽しむことができます。

レジンアートデザイナー認定試験を受験した人の口コミと評判

「レジンアートを作るのが以前から大好きだったのですが、自分が作ったレジンアート作品を販売するためにもっと付加価値を付けたいと思い、レジンアートデザイナーの資格を取得しました。」

「レジンアートデザイナーの資格を取得して、レジンアーティストとしてもっと活躍したいと思い、受験しました。試験に合格したことで、自分のレジンアーティストとしての実力に自信が持てました。これから先も、この資格をいかして作品作りに役立てていきたいと思います。」

レジンアートデザイナー認定試験の受験について

レジンアートデザイナー認定試験の申し込みは、日本デザインプランナー協会のホームページから行うことができます。レジンアートデザイナー認定試験の受験料は10,000円です。受験料は、申し込み後に送られてくる問題用紙と解答用紙の受け取りの際に、代金引換えで支払います。レジンアートデザイナー認定試験は在宅で受験します。試験のために出かける必要もなく、普段と変わらない環境で受けられるのが人気です。

レジンアートデザイナー認定試験の難易度

レジンアートデザイナー認定試験は、レジンアートに関する知識と技術についての問題が出題されます。また、ボトルキーホルダーやネックレス、押し花などの小物を封入したレジンアクセサリーを制作して提出する課題もあります。レジンアートデザイナー認定試験の難易度はそれほど高くありません。これまでレジンアートを趣味で楽しんでいた初心者の方がチャレンジするのにぴったりの資格試験です。レジンアートデザイナー認定試験の受験資格は特にありません。試験は偶数月に開催されるため、年に6回受験のチャンスがあります。

試験の関連記事
  • ドッグトレーニング
    犬・ドッグトレーニング資格人気ランキング
  • タロットカード
    タロットカード・占い師資格人気ランキング
  • 夢占い
    夢占い資格人気ランキング
  • 姿勢
    姿勢資格人気ランキング
  • ファスティング
    ファスティング資格人気ランキング
  • スーパーフード
    スーパーフード資格人気ランキング
おすすめの記事
資格
試験
言わずとしれた、日本で最高峰の国家資格と言われています。顧客からの法律相談や法務事務を行う者のことを言っています。弁護士になる為には長い年月...
資格
試験
実用タイ語検定試験は、タイ語の検定試験でありNPO法人である日本タイ語検定協会が実施しています。タイ語検定、タイ検とも呼ばれています。 目次...
資格
試験
鋼橋架設等作業主任者とは、建設業での労働現場にて「労働安全衛生法」に基づいて、危険かつ有害な業務に就く場合に労働者に対して事業者が一定の技能...
資格
試験
調理師は、調理・栄養・衛生に関する技能を有している国家資格です。飲食店では調理師が料理の提供をしている場所が多いので、資格の知名度は高いです...
資格
試験
溶射技能士は、金属やセラミックスを加熱して吹き付けて被膜を形成する溶射作業に必要な技能を持つ方をいいます。この資格は厚生労働省の技能検定制度...
資格
試験
足場の組立て等作業主任者とは、建設業での労働現場にて「労働安全衛生法」に基づいて、危険かつ有害な業務に就く場合に労働者に対して事業者が一定の...
筋トレ
試験
あなたは筋トレに関する資格を取得するときにどれを選べばいいのかと、迷ったことはありませんか? 筋トレに関する資格は、筋トレをどのように活かす...