資格

ボーリングマシンの運転の業務に係る特別教育は、日本の製造業や建設業等の労働現場にて「労働安全衛生法」に基づいて、危険かつ有害な業務に就く場合に労働者に対して事業者が学科による特別教育研修を行うことになっている作業の一つです。特別教育が必要とされる業務は「労働安全衛生規則・第36条」に規定されていて現在49種類の業務があります。

〇ボーリングマシンの運転の業務に係る特別教育について

ボーリングマシンの運転の業務に係る特別教育は、「労働安全衛生規則・第36条」に記載されている業務の一つで、ボーリングマシンの運転にかかわる作業においては必ず特別教育の研修を事業者は労働者に受講させなければなりません。建設現場でよく使用されている建設機械であり、ボーリングマシン運転に際しては特に機械の質量、および機械の大きさなどによる制限等はありません。

この教育を実施していない事業者に対しては6か月以下の懲役または罰金が課されることになります。さらに特別教育をおこなった時には事業者責任で受講者や科目の内容について記録を残して3年間保存しなければなりません。なお、それ以上の作業を行う場合には技能講習を受講することで作業主任者として現場で作業をおこなうことができます。

厚生労働省:職場のあんぜんサイトより

http://anzeninfo.mhlw.go.jp/yougo/yougo50_1.html

〇ボーリングマシンの運転の業務に係る特別教育

ボーリングマシン特別教育は、各事業所で講師の資格を持つ者による研修、あるいは都道府県労働局長登録教習機関にて行われます。

  • 講習内容:安全衛生特別教育規程(昭和47年労働省告示第92号)で規定されており、履修する時間は12時間以上となっています。
  • 開催日程:12時間以上の研修が義務付けられている為に、ほとんどの研修機関にて2日間で実施されます。
  • 受講資格:就業できる年齢の18歳以上
  • 講習科目:学科と実技があります。
  1. 学科:ボーリングマシンに関する知識(4時間)、ボーリングマシン運転に必要な一般的事項に関する知識(2時間)、関係法令(1時間)
  2. 実技:ボーリングマシンの運転(4時間)、ボーリングマシンの運転の合図(1時間)
  • 試験等:特別教育の場合、履修のみとなっています。

〇ボーリングマシンの運転の業務の仕事内容等

建設現場では、ボーリングマシンで動力を用い、かつ、不特定の場所に自走できるものの運転の業務に労働者を就かせるときには、安全衛生のための特別な教育をしなければならないことが事業者に義務付けられています。この特別教育を受講させた者がボーリングマシン運転者として作業をおこなっています。

地中に穴を掘る機械である、ボーリングマシンは地質調査・農業・水文学・土木工学・石油や天然ガス掘削をする際に使用されます。近年では民間工事のマンションや住宅物件でも地質調査を綿密におこなっている建設作業風景をご覧になったことがあるかと思います。土中の中というのは、プロの作業員や現場監督者でないとわからない熟練した知識と技術が要求される世界でもあり、ボーリング工事会社の社員として、各地の工事現場で活躍をされています。

試験の関連記事
  • ドッグトレーニング
    犬・ドッグトレーニング資格人気ランキング
  • タロットカード
    タロットカード・占い師資格人気ランキング
  • 夢占い
    夢占い資格人気ランキング
  • 姿勢
    姿勢資格人気ランキング
  • ファスティング
    ファスティング資格人気ランキング
  • スーパーフード
    スーパーフード資格人気ランキング
おすすめの記事
資格
試験
熱絶縁施工技能士は、冷暖房設備や熱搬送設備等の取付工事をする、熱絶縁施工作業に必要な技能を持つ方をいいます。この資格は厚生労働省の技能検定制...
資格
試験
古くより縁起の良い日に配られる菓子(引菓子)や、季節ごとに過程で楽しむ菓子、茶道などで振る舞われる茶席菓子など、現在でも様々な種類のものがあ...
資格
試験
「社会保険労務士」とは違って、先頭に「特定」という言葉がつく資格があります。この「特定社会保険労務士」という資格は社会保険労務士を有する資格...