資格

ハンドメイドの作品はいつの時代も愛され続けています。それは機械で大量生産されるものでは味わえない風合いやぬくもりが感じられるからでもありますが、なんといっても「たった一つしかない」という希少価値が私たちの心を満たしてくれるからです。ここでは、若い世代から高齢の方まで人気のハンドメイド・クラフト手芸の資格を紹介しましょう。

1位 クラフトハンドメイドマスター

手縫いのステッチやミシンの上手な操作法、かぎ針の使い方とくさり編みの方法、染色の用具と紅茶染めの手順など、「縫う」「編む」「染める」に関する基礎知識と、それらを用いて制作する技術を身につけている人が対象です。作品は、手袋や帽子、マフラーなどのファッション雑貨、ペンケースやストラップなどの小物、クッションカバーやカーテンなどの生活雑貨を制作します。資格取得後は、教室を開いて手芸の楽しさを伝えたり、オリジナルの手芸品を展示販売したり、あるいはネット通販に出品するなど、さまざまな活動の場があります。

主催:日本デザインプランナー協会。受験料:10,000円。在宅受験。

2位 手芸アドバイザー

手芸によく使用する糸のラベルの見方、種類(ウール糸やモヘア糸、アンゴラ糸、アクリル糸など)、装飾用糸の扱い方、革素材を用いるときの糸の通し方、革の手入れ法、ハンドメイド作品の販売のしかたなどに関する知識と技術を有する人が対象です。インテリア小物やキッチングッズを自分で作りたい、子ども服を手作りしたいといった思いから手芸アドバイザーの通信講座を受けている人も多くみられます。資格取得後は、自宅で開講したり、カルチャースクールで講師活動をすることが可能です。

主催:日本生活環境支援協会。受験料:10,000円。在宅受験。

3位 雑貨カフェクリエーター

カフェ(飲食)と雑貨(販売)のコラボレーションとうたって開業する飲食店が増えてきています。雑貨カフェクリエーターは、自分でオープンする際に役立つだけでなく、既存店や新規立ち上げの店舗に対してアドバイスをすることもできる資格です。これは下記協会が指定する講座に通い、規定の単位を修了すると取得できます。講座では、事業計画や資金調達、販売する雑貨の仕入法などの経営に関するノウハウから、雑貨カフェにふさわしい内装や什器備品などについて学び、人気ショップにするためのスキルを身につけていきます。

主催:日本雑貨カフェクリエーター協会。受講料:298,800円。

4位 ハンドメイド・クリエーター

この資格を取得するには、下記の協会が指定する「雑貨ハンドメイド講座」を受ける必要があります。講座では、アクセサリー制作の最新技術、本格的なレザークラフト技術、ポーチやショルダーバッグなどバッグ特有のテクニックを修得します。プロのデザイナーの技術も学ぶことができ、高度な手法を身につけることができます。

主催:公益社団法人日本通信教育振興協会。受講料:53,000円。

5位 棒針編み講師認定証

「入門コース」と「講師認定コース」があります。入門コースでは基本の模様編みをマスターします。初心者でも課題制作に使う毛糸がセットされているのですぐに始められます。講師認定コースでは製図の方法を修得し、オリジナルニットが編めるようにスキルアップを図ります。講師認定講座終了後に「棒針編み講師認定証」が授与されます。資格取得者は、入門コースのカリキュラムに沿った指導を行い、修了証を発行する権限も与えられることになります。

主催:日本ヴォーグ社。受講料:42,667円。

試験の関連記事
  • 発酵食品
    発酵食品資格人気ランキング
  • マクロビ資格
    マクロビ資格人気ランキング
  • ドッグトレーニング
    犬・ドッグトレーニング資格人気ランキング
  • タロットカード
    タロットカード・占い師資格人気ランキング
  • 夢占い
    夢占い資格人気ランキング
  • ヨーグルト
    ヨーグルト資格人気ランキング
おすすめの記事
資格
試験
塗料調色技能士は、塗料調色に必要な技能を持つ方で技能検定制度による国家資格です。塗料調色というのは、塗料の色合わせであり指定された塗料の色と...
資格
試験
厨房設備施工技能士は、各種産業で利用される厨房設備施工作業に必要な技能を持つ方をいいます。この資格は厚生労働省の技能検定制度による資格であり...
資格
試験
中小企業診断士とは、「中小企業診断士の登録等及び試験に関する規則」に基づいて登録された者で国家資格となっています。独立してコンサルタント業と...
資格
試験
写真技能士は、写真館等で人物の写真撮影をする肖像写真の撮影・製作の仕事に技能を持つ方をいい、技能検定制度による国家資格を持つかたです。 目次...
資格
試験
ウェルポイント施工技能士は、建設業でウェルポイントを地下に打ち込んで地下水をくみ上げて、地盤改良をしていく、ウェルポイント施工作業に必要な技...