DIY資格人気ランキング

最近本当によく目にすることが多くなったDIY。

DIYとは英語の『Do It Yourself』の頭文字をとったもの。

意味は『自分自身で行うこと』ということで、必要だと感じるものを

自分で製作したり、修理や修繕をすることをいいます。

世間一般の捉え方としては、ちょっと本格的な日曜大工といったところでしょうか?

材料も少し前まではホームセンター等で購入するといった感じでしたが

最近では工事現場などで不要な材料を貰ってきて製作する

といった強者まで現れてきました。

今回は極めれば極めるほど楽しくなる、DIYに関する

資格ランキングを紹介したいと思います。

1位 DIY工作アドバイザー

受験資格:特になし

受験料:10,000円(税込み)

受験申請:インターネットからの申込み https://www.nihonsupport.org/shikakushikenmo/

受験方法:在宅受験

最近では女性の参加も珍しくなくなったDIY。

敷居の高さが取っ払われて、誰でも気軽にといったイメージになりました。

こちらの資格ではDIYに関する知識はもちろん工具の名称や使い方など

基本的な知識への理解の習得が必要になります。

また実際に道具を使用した家具製作のアドバイザーとしてのスキルも試されます。

DIY工作アドバイザーを取得すると、自宅で製作することは当然ですが

カルチャースクールなどを開講して、他人に指導をすることが可能になります。

趣味でやっていたDIYがこの日を境に仕事になっていた、ということも夢ではありません。

仕事として始めなくても、今までやってきた趣味の集大成として

受験されるのも一つの手ではないでしょうか?

2位 日曜大工スペシャリスト

受験資格:特になし

受験料:10,000円(税込み)

受験申請:インターネットからの申込み https://www.designshikaku.net/test/diy/

受験方法:在宅受験

日曜大工というと父親が休日に犬小屋や本棚を作っているイメージですが

最近では必ずしもそうではありません。

こちらの資格は主催しているのが日本デザインプランナー協会という所だからなのか

DIYの基礎知識や工具の使い方以外に壁紙や床の張り方なども教えていただけます。

ここまでいくともはや家具や小物の製作に飽き足らず、部屋の内装を全て改装といった

大掛かりな部分にまで取りかかることが出来るようになります。

もちろん基本的な知識や技術も学べますので、大掛かりな作業の予定のない方も

気にせず受験して下さい。

3位 DIYアドバイザー

受験資格:試験が行われる年度の4月1日における年令が満18歳以上であること。

受験料:14,040円(税込み)+願書1部 1,080円(税込み)

受験申請:願書の郵送

受験方法:一次試験(学科)東京、大阪、名古屋、札幌、福岡、仙台

二次試験(実技・面接):東京、大阪、札幌

住宅及び住宅設備機器・DIYに関する基礎知識と技術を日本DIY協会が審査し

合格者には資格認定されます。

製作に関する知識とその助言能力も審査されます。

受験料が上記2つに比べて高額であることと最低2回は受験地に

行かなくてはならないことが不便に感じます。

東京・大阪・札幌の方はまだ良いでしょうが、それ以外の地域の方は

更に時間と費用が必要になりますので、お薦めしかねます。

ランキングの関連記事
  • タイ古式整体資格人気ランキング
  • 野菜資格人気ランキング
  •  出汁資格人気ランキング
  • 塩資格人気ランキング
  • はちみつ資格人気ランキング
  •  ぬか漬け資格人気ランキング 
おすすめの記事
パン製造技能士
試験
パン製造技能士は、パン製造に必要な知識と技能を持つ資格の方です。技能士とは技能検定制度による国家資格です。 〇パン製造技能士制度について パ...
ランキング
インド料理の特徴としては、基本的に共通して大量のスパイスを好んで用いていることです。 インド料理といってもインド半島はひじょうに広く、地域や...
レジン資格人気ランキング
ランキング
最近女性の間で人気が高まってきているレジン。 レジンとは英語で「樹脂」のことです。 主にレジンにUV(紫外線)を当て、固めて成型しアクセサリ...
特定社会保険労務士
試験
「社会保険労務士」とは違って、先頭に「特定」という言葉がつく資格があります。この「特定社会保険労務士」という資格は社会保険労務士を有する資格...